ペット保険の必要性とは?ペットの老後のためにも加入を考えよう

犬さん
ペット保険って本当に必要??老後のことも考えると、やっぱり入っておいた方がいいのかなぁ、、、

ペットを飼っている人であれば、ペット保険への加入を考えるかもしれません。

ただ、

「ペット保険を利用する機会はあるの?」
「自分で貯金をしておいた方がお得では?」

と、ペット保険の必要について疑問を感じることもあるはず。

この記事では、ペット保険のメリットデメリットを見比べたうえで、その必要性について解説します。

ペット保険の必要性とメリットについて

ペット保険の必要性とメリットについて

ペット保険の必要性を知るためには、どんなメリットがあるのか?を知ることが大事ですね。

まずは、ペット保険に加入するメリットについて紹介します。

  1. 高額な治療費を払わなくて済む
  2. 早く治療ができる
  3. 賠償責任を補償してくれる

順番に解説しますね。

メリット①:高額な治療費を払わなくて済む

ペット保険に加入することで高額な治療費を支払わなくて済みます

ペットの治療費は保険に加入していなければ、かなり高額な費用となります。

具体的にはどれくらいお得なの?

例えば、自分の飼っている犬や猫が骨折してしまうと47万円ほどの出費が発生します。

また、他にもペットがかかりやすい胃腸炎は18万4000円ほど。異物誤飲は27万7000円ほどの料金が発生するので、大きな病気や怪我をすると、治療費の負担が大きく支払うことができないことも。。。

しかし、ペット保険に加入していれば大きな費用を全額負担することなく、一部負担のみで済むのです。

いざというときに保険は費用を肩代わりしてくれるので、大きなメリットと言えますね。

メリット②:早く治療ができる

自分のペットの治療が必要になったときに、お金のことで悩みたくないですよね。

もし、高額な治療費が払えずお金を準備するまで時間がかかってしまうと、治療が先延ばしになり症状がさらに悪化してしまう可能性もあります。

さらに、治療が長引くとペットも苦しむことになるので、ペットも飼い主も辛い思いをすることに…。

万が一に備えてペット保険に加入していれば、費用の負担が少なくなりお金の悩みも少しは軽くなるでしょう。

負担を減らして早期治療を!

保険会社にもよりますが、負担してくれる治療費はおよそ半額

高額な医療費が発生しても保険で50〜70%ほど負担してもらえれば、費用の負担は少なくなります。結果として治療の決断を行いやすくなるというわけ。

早期治療のためにも、ペット保険への加入はおすすめ。

メリット③:賠償責任を補償してくれる

ペット保険に加入することで、賠償責任の補償をしてくれることもあります。賠償責任とは、自分のペットが起こしたトラブルで発生した出費を補償してくれるものです。

例えば、自分のペットが他人の腕を噛んで怪我をさせてしまったり、車などの所有物を壊してしまったら、損害賠償を求められることがあります。

しかし、損害賠償の金額が大きいと、費用を支払うことが難しくなりますよね。

賠償責任特約をかけておくと安心

ペット保険では賠償責任特約をかけることができ、特約に加入しておけば損害賠償責任も負担してもらうことができます。

負担してもらえる金額はペット保険によって変わりますが、例えば楽天ペット保険だと500万円まで補償してくれますよ。

何か思わぬ事態が発生して損害賠償を求められたときも、ペット保険に加入していれば安心できますね。


\ 無料で資料請求! /



ペット保険のデメリットとは

ペット保険のデメリットとは

ペット保険の利用を考えるなら、デメリットも同時に考えておくことが大事です。

デメリットを理解することでペット保険は自分のペットに必要か検討することができます。

  1. 毎月の金額が負担になる
  2. 条件によって保険料が下りないことがある
  3. 年齢が高いと保険を利用できないこともある

順番に解説しますね。

デメリット①:毎月の金額が負担になる

ペット保険に加入するなら毎月保険料を負担しなくてはなりません。毎月の保険料は自分の飼っているペットの種類や年齢によって変化し、ペットの年齢が高齢であれば保険料は高くなります

ペット保険に加入して手術や治療が必要になれば保険が利用でき、自己負担は大きく軽減できますが、何も問題が生じないなら保険料の支払いは無駄に感じるかもしれませんね。

ペットの保険料が仮に月額2,000円ほどでも、年間2万4,000円支払うことになるので、金額の負担がネックとなります。

デメリット②:条件によって保険料が下りないことがある

ペット保険は治療や手術、入院など全てに利用することができるわけではありません。内容によって保険が使用できる条件が決まっているので、その条件に当てはまらなければ保険が利用できないこともあります。

例えば、ペット保険に加入したときに、保険が下りる条件として入院と治療は含まれていても手術は含まれていないとします。

もし自分のペットが手術が必要になったとき、入院費は保険で支払い負担を軽減できても、手術費は保険対象外となるので自腹で支払う必要があります。

そのため、保険の条件に当てはまらない病気や事故などであれば、保険料を支払っていても保険を利用できないことがあり、保険の意味を感じなくなってしまいますね。

デメリット③:年齢が高いと保険を利用できないこともある

ペット保険は加入できる年齢が決まっており、年齢を過ぎてしまったペットは保険をかけることができません。

もし自分のペットが高齢になってきたので、「ペット保険をかけたい」と思っても、ペット保険の年齢対象外となっていれば保険はかけられず後悔することになりますね。

そのため、ペット保険をかけたいなら加入できる年齢はチェックしておくことが大事です。高齢になる前にペット保険の加入を考えておきましょう。


\ 保険会社を比較してみる /



ペット保険を選ぶときのポイント

ペット保険を選ぶときのポイント

ペット保険を選びたい方は、いくつかのポイントについて理解しておくと安心です。

  1. 免責金額が無料または少ない保険を選ぶ
  2. 高齢になっても保険料が上がらない保険を選ぶ
  3. 制限が少ないペット保険を選ぶ

どのような基準で保険を選べばいいのか、3つのポイントを解説しますね。

選び方①:免責金額が無料または少ない保険を選ぶ

ペット保険を選ぶときは免責金額が少ない、または無料の保険を選ぶべき。

免責金額が高いと治療費から免責金額が引かれてしまうことになり、保険で支払ってくれる料金が少なくなってしまいます。

免責金額は日数によって加算されていく

免責金額は日数によって加算されていくので、入院や治療で日数がかかれば保険で支払われる金額は低くなります。

そのため、保険を選ぶときは免責金額がかからない無料のものがおすすめですね。

もし難しいなら、せめて免責金額が安く設定されているペット保険を選ぶようにしましょう。

選び方②:高齢になっても保険料が上がらない保険を選ぶ

ペット保険を選ぶときはペットの年齢が高齢になっても保険料が上がらない保険を選ぶべきです。

ペットの年齢が高齢になって保険料が上昇すれば、費用の負担が大きくなり保険料を支払うのが難しくなることも、、、

保険料が一律のものを選ぶと安心

ある年齢から保険料が一律であれば高齢になっても保険料が変わらないので、支払い負担も少なく、費用の計算もしやすくなります。

ペット保険によって違いはありますが、10歳以上になると保険料が一律になるものなどもあります。

保険の負担を減らすために保険料が上がらない保険を選びましょう。

選び方③:制限が少ないペット保険を選ぶ

細かい制限が少ないペット保険を選ぶことも大事。

制限が細かく設定されていると、ペットの治療費に保険が適用できないことが多くなります。

日数制限と回数制限は要チェック!

保険には日数制限回数制限などが科されていることもあり、その場合は日数や回数を自分で計算しなくてはなりません。

しかし、制限が少ないペット保険であれば保険を適用して治療や入院を安心して行うことができます。

ペットの保険では、治療の日数や回数の制限がない保険を選ぶこともおすすめですよ。

ペット保険の必要性のまとめ

ペット保険の必要性のまとめ

ペット保険にはメリットもデメリットもありますが、万が一のことを考えると必要性が高いので、加入しておくことがおすすめです。

保険にもいろいろな種類があるので、選び方のポイントを知っておくことで、自分のメリットが大きいものを選ぶことができます。

愛する家族のためにも、ペット保険は大事です。ぜひ加入を検討してみてくださいね。


\ 資料請求はコチラから /