ハムスターの種類について。人気の5種類とその特徴を紹介します。

飼い主さん
ハムスターの種類っていろいろあるんだね。飼ってみたいけど、初心者におすすめの種類はどれ?それぞれの特徴が知りたいです。

こんな疑問に答えます。

日本で人気のハムスターは5種類いますが、それぞれ異なる特徴をもちます。おっとりしてなれやすい子から、神経質で臆病な子までさまざま。

ハムスターの種類やそれぞれの特徴を知ると、一緒に暮らすのが今まで以上に楽しくなりますよ。

【記事の内容】

  • ハムスター種類について
  • 人気の5種類の特徴を紹介

ハムスターって何種類いるの?

ハムスターの種類は意外と多い。世界を見渡してみると、およそ20種類ほど存在しています。それぞれ体の大きさや性格も異なっており、同じ動物なのに違った特徴を持っています。

例えば、ユーラシア大陸に広く生息するクロハラハムスターは、体長およそ30cm、体重も500g近くまで達する大きな種類のハムスター。

一方、ペットとして飼われることも多いジャンガリアンハムスターは、体長およそ6~12cm、体重も30~45gと小柄。

獣医
同じハムスターですが、体の大きさが10倍以上違う種類もいます

さまざまな種類があるハムスターの中でも、日本で人気が高いのは次の5つ。

  • ゴールデンハムスター
  • ジャンガリアンハムスター
  • ロボロフスキーハムスター
  • チャイニーズハムスター
  • キャンベルハムスター

それぞれの種類の特徴をおさえておくと、ハムスターを飼うときに役立ちます。

特に、はじめてハムスターを飼う方にとっては、けっこう重要なポイント。しっかりと理解しておきましょう。

ハムスターの種類と特徴について

ハムスターの種類ごとに、その特徴を紹介します。

お気に入りの子を探してみてください

ゴールデンハムスターの特徴

体長 18~19cm
体重 85~150g
毛色 ノーマル(白と茶色のまだら模様)、キンクマ、ブラックバンド、シナモン、ダルメシアン、トリコロール
性格 穏やか、縄張り意識が強い

ハムスターと聞いて、まず真っ先に思い浮かぶのが、このゴールデンハムスター。白と茶色のまだら模様が特徴的。

実はハムスターの歴史上、もっとも古くからペットとして愛されてきたのがこのゴールデンハムスター。詳しくは下の記事を読んでみてほしいのですが、人間とのかかわりが深い種類です。

今回紹介する5種類の中では最も体が大きく、成長すると20cm近くにもなります。

おっとりしていて、なれやすい子が多いので、初心者でも飼いやすい種類のハムスター。

ジャンガリアンハムスターの特徴

体長 6~12cm
体重 30~45g
毛色 ノーマル(濃い茶色でおなかが白っぽい)、ブルーサファイア、パールホワイト、プディング、ブルーパイド、クリーミーサファイア
性格 人になつきやすい子が多い

ゴールデンハムスターに次いで人気なのが、このジャンガリアンハムスター。大きさは10cm前後と小さく、くりっとした目と愛らしい姿が特徴的。

ドワーフハムスターの中ではもっとも穏やかで、むしろゴールデンに近い性格と言えます。

【ドワーフハムスターとは?】
ドワーフは「小型の」という意味の言葉。ドワーフハムスターとは「小さいハムスター」のことで、ジャンガリアン・ロボロフスキー・チャイニーズ・キャンベルなどがこれに含まれます。

毛色が豊富で、動く宝石と呼ばれることもある種類のハムスターですが、冬になると毛が真っ白になるという特徴も。
冬に飼いはじめたパールホワイトの子が、実は違う毛色だった…ということもあるので、どうしても白い毛色のジャンガリアンを飼いたい場合は、冬以外の季節にペットショップを訪れましょう。

また、暑さに弱い種類でもあるので、飼うときには温度管理を徹底しましょう。詳しい飼い方については、次の記事を参考にしてみてください。

ロボロフスキーハムスターの特徴

体長 7~10cm
体重 15~30g
毛色 ノーマル(薄い茶色でおなかが白い)、ホワイト、パイド
性格 臆病

ロボロフスキーハムスターは、最小の体を持つハムスター。他の種類と比較すると、すばしっこい動きが特徴的。

基本的に臆病な性格の子が多く、手に乗せようとするとこわがって逃げてしまうことが多いです。人になれる子は少ないので、ハムスターとたわむれたい!という方にはあまりおすすめしません。

ただ、ちょこまかとした動きやしぐさがかわいらしく、見ているだけで癒されます。ちっちゃいもの好きの飼い主さんにはたまらないですね。

チャイニーズハムスターの特徴

体長 9~12cm
体重 30~40g
毛色 ノーマル(茶色でおなかが白っぽい)
性格 警戒心が強い

チャイニーズハムスターは、細長い体と長いしっぽが特徴的。その名の通り、中国に生息している種類です。

毛色は茶色でおなかが白っぽい「ノーマル」が多いですが、中にはめずらしい毛色の子もいて、コアなファンが多い種類のハムスター。

警戒心は強めですが、愛情を持ってお世話すれば徐々になついてきます。ドワーフの中では、ジャンガリアンに次いで飼いやすい種類。

キャンベルハムスターの特徴

体長 6~12cm
体重 30~45g
毛色 ブルー、ブラック、パープルパイド、ブラックパイド
性格 気が強い

外見はジャンガリアンハムスターに似ており、小さくてかわいらしい表情をしています。毛色が豊富な点も特徴的。

他のハムスターと比較すると、気が強くやんちゃな子が多いです。慣れてくると手に乗ってくれる子もいますが、やや上級者向けの種類。

神経質な子も多いので、飼うときはできるだけ静かな環境をつくりましょう。

ハムスターの種類と特徴【まとめ】

ハムスターの種類と特徴をまとめます。

  • ゴールデンハムスター:おだやかで人なつっこい
  • ジャンガリアンハムスター:動く宝石
  • ロボロフスキーハムスター:小さくてキュート
  • チャイニーズハムスター:コアなファンが多い
  • キャンベルハムスター:毛色が豊富

ハムスターも種類によってさまざまな特徴があるので、ぜひ自分好みの子を探してみてください。