犬が盗み食いする理由とやめさせる方法5つを解説。

犬が盗み食いする理由とやめさせる方法5つを解説。
飼い主さん
犬の盗み食いって直せるの?

こんな疑問に答えます。

【記事の内容】

  • 犬が盗み食いする理由とは?
  • 犬の盗み食いをやめさせる方法5つ

犬の盗み食いは訓練することで直すことができます。訓練といっても、犬が盗み食いする理由を知り、その原因を排除すればいいだけなので、それほど難しいことではありません。実際に僕もこの5つを徹底することで、愛犬の盗み食いを解消しました。

獣医
ぜひ、参考にしてみてください!

犬が盗み食いする理由とは?

犬が盗み食いする理由とは?

犬が盗み食いする理由は主に3つ。

  • そもそも「盗み食い」という自覚がない
  • 目の前に食べ物があるから
  • 飼い主さんを下に見ている

結論を言ってしまうと、これらの原因を排除することで犬の盗み食いを防ぐことができます。

犬は盗み食いの自覚がない

犬はそもそも「自分が盗み食いしている」という自覚がありません。狩猟本能のままに、「捕ったものを食べている」だけです。まずは犬自身に「これは盗み食いだ」という自覚を持たせることが必要です。

犬の届くところに食べ物がある

犬も自分の手が届くところに食べ物があると、どうしても盗み食いしたくなります。一緒に暮らす人が食後に残り物を出しっぱなしにしていると、犬が盗み食いする原因となります。

また、ダイニングテーブルのある家庭では、椅子をしまわないことも盗み食いされる原因の一つ。飼い主さんが席を外した隙に、椅子にのぼってテーブルの上の食べ物を食べてしまうということがよくあります。

飼い主さんが犬になめられている

犬と飼い主さんの間にしっかりとした主従関係があれば、盗み食いされることはほとんどありません。飼い主さんが目を離した隙に盗み食いされた…という場合は、犬は飼い主さんのことを対等あるいは下に見ている可能性が高いです。

犬の盗み食いをやめさせる方法5つ

犬の盗み食いをやめさせる方法5つ

犬の盗み食いをやめさせる方法を5つ紹介します。僕自身この方法で愛犬の盗み食いを直せたので、信頼性は高いと思います。

盗み食いの原因となる人間の食べ物を与えない

盗み食いをさせない一番の方法は、「犬の食べ物」と「人間の食べ物」の区別をつけさせること。詳しくは下記の記事を参考にしてほしいのですが、確かに人間の食べ物の中には犬も食べることができるものがいくつかあります。

嬉しそうに食べる姿を見たくてついついあげたくなる気持ちも分かりますが、そこは飼い主さんがぐっとこらえた方がよいです。犬が人間の食べ物に慣れてしまうと、盗み食いの原因となるだけでなく、健康を害する恐れさえあります。

やはり犬のからだに最もよいのは高品質なドッグフード。人間の食べ物はできるだけ与えないようにしましょう。

犬の届くところに食べ物を置かない

犬の届くところに食べ物がなければ、そもそも盗み食いなんてされません。食べ物をテーブルの上に出しっぱなしにしたり、床に置いたりしていると、盗み食いの原因になります。

人間の食べ物は犬にとって塩分濃度が高すぎたり、脂肪が多すぎたりで、健康にいいことは何一つありません。食事が終わったらすぐ片付ける、床に野菜やお菓子の箱を置かないなどできることから始めてみましょう。

ちなみに我が家では、お菓子はフタ付きのケースに入れて少し高いところに保管しています。

我が家のヨーキーちゃん

現在、一緒に住んでいるヨーキーちゃんです。とても器用な子で、口と前足を上手に使ってちょっとしたフタであれば簡単に開けることができます(笑)

たぶん、このような子は少なくないと思うので、フタ付きケースでも犬が開けやすいものだとあまり意味ないかと思います。

\犬が開けにくいフタ付きケース/

こんな感じのフタ付きケースがよいです。僕が使っているのもこれ。

  • 大容量
  • 簡単にロックできる
  • 使わないときは折りたたんで収納できるので場所をとらない

上記3つの理由で、これを選びました。

盗み食いしたときのために「待て」を覚えさせる

「待て」を覚えさせておくと、万が一盗み食いされそうになったときでも、寸前で止めることができます。以下の動画を参考に訓練したところ、1週間ほどで「待て」ができるようになりました。

「待て」に限らず、犬をしつけるときは

  • 短くシンプルな言葉
  • ジェスチャーをつける
  • できたらご褒美を与える
  • 徐々に難易度を上げていく
  • できなくても怒らずにやり直す

この5点を意識するとよいです。

犬と飼い主さんの信頼関係を改善

犬が飼い主さんのことを対等あるいは下に見ていると、いくらしつけたところで言うことを聞いてくれません。愛犬から信頼されるような振る舞いをしましょう。

といっても難しいことをする必要はなくて、当たり前のことを当たり前のようにできればOKです。

  • 感情的にならない
  • 伝えたいことはハッキリと
  • 犬の気持ちを理解しようとする

相手が人間だろうと犬だろうとコミュニケーションの基本は一緒ですね。

盗み食いをしてはいけないことを理解させる

犬が飼い主さんの隙をついて盗み食いすることは意外に多いです。飼い主さんがなめられている場合もありますが、そもそも盗み食いに対して「やっちゃいけないことだ」という認識がないのかもしれません。

犬の盗み食いを見つけたら、ちゃんと現行犯逮捕して「ダメだよ」ということを伝えましょう。このとき感情的になって声をあげて叱ってはいけません。
犬からすると飼い主さんが大声ではしゃいでいるように見えてしまい、「盗み食いすると喜んでくれる」と勘違いされてしまいます。
毅然とした態度で叱った方が犬には伝わりやすいです。

まとめ:犬の盗み食いは訓練で直せる

まとめ:犬の盗み食いは訓練で直せる

犬の盗み食いは訓練で直すことが可能です。人間の食べ物は基本的に犬のからだに悪いものばかりなので、できるだけ早めに盗み食い癖を直しておきましょう。