3096人が回答。犬や猫を飼って良かったことは?困ること、不安なことは?

女性
将来はワンちゃんネコちゃんに囲まれて暮らしたいな~

今回は、日本獣医師会の「家庭飼育動物(犬・猫)の飼育者意識調査」をもとに、犬や猫を飼って良かったこと、困ることをまとめました。

  • これから動物を飼おうとしている方
  • 将来は犬や猫と暮らしたいと考えている方
  • すでにペットを飼っていて不安を抱えている方

こんな人たちに向けて書きました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

犬や猫を飼うと「生活に安らぎが生まれる」

犬や猫を飼うと「生活に安らぎが生まれる」

「犬や猫を飼って良かったと感じること」は何ですか?

日本獣医師会の調査によると、この問いに対する回答は次のようになりました。

  • 生活に安らぎが生まれる(71.0%)
  • 家の中が明るくなる(63.5%)
  • 家族の会話が増える(58.4%)

本調査の対象となったのは3096人。犬や猫を飼う人の多くが、心のゆとりを感じているようです。

実際、僕自身も犬を飼っていますが、飼う前と比べると親・兄弟との会話が増えました。うちの子はイタズラ好きのやんちゃさんですが、毎日にぎやかで楽しいです(笑)

この他にも、「寂しさを軽減できる」「生きがいができる」「動物を通じて人間関係が広がる」などの回答がありました。

犬や猫を飼うと「旅行や外出がしにくい」

犬や猫を飼うと「旅行や外出がしにくい」

犬や猫を飼ったことがない人は、不安もたくさんあると思います。ペットとの暮らしで困ることは何なのか?あらかじめ知っておくことは大切です。

「犬や猫を飼う上で困ること、不安なこと」は何ですか?という問いに対する回答は次のようになりました。

  • 旅行や外出がしにくい(62.7%)
  • 病気などの治療にお金がかかる(44.9%)
  • 自分が世話できないときに困る(37.1%)

この他にも、「部屋のにおいが気になる」「鳴き声など周囲への迷惑が気になる」「病気や健康維持のための手間がかかる」などの声もありました。

ペットを飼うということは、「家族が一人ふえる」ようなものなので、当然ですが多少の不自由は生じます。

ただ、逆にこれらを受け入れることさえできれば、動物との暮らしは本当に良いものですよ♪

犬や猫が亡くなった際、男性の約6割は「また飼いたい」

ペットとの別れがツラい、という理由で動物を飼うことをためらう人は多いです。

本調査では、「犬や猫が亡くなった際の再飼育意向」についてもデータが出ていました。

犬猫別の「亡くなったらまた飼いたい」と答えた飼い主さんの割合

  • 犬の飼い主さん:50.4%
  • 猫の飼い主さん:52.4%

犬猫いずれも約5割という結果となりました。ペットが亡くなった際に、新たな動物を迎え入れるかどうか?については人それぞれ意見が異なるようですね。

ちなみに犬猫とも男性の「また飼いたい」が57.7%ということで、男性の方が再飼育意向が高いようです。

まとめ:3096人の回答は「不安だったけど、飼って良かった」

まとめ:3096人の回答は「不安だったけど、飼って良かった」

本調査では、「犬や猫を飼って良かったと感じること」という質問に対して「特になし」と回答したのはわずか3.0%でした。これはつまり、97.0%の人は犬猫との暮らしを通して何らかの「幸せ」を感じているということ。

実際、僕もはじめて犬を迎え入れたときは分からないことだらけでとても不安でした。ですが、ネットや書籍をうまく活用することで、ほぼすべての不安を解消することに成功。

ペットとの暮らしは大変なこともあります。しかしそれ以上に楽しいことだらけです。

動物が好き!という方は、最低限の知識を身につけたうえで、飼ってみるのもアリだと思いますよ~!