それ、猫の退屈サインかも!?これを見たら遊んであげよう【定番おもちゃも紹介】

それ、猫の退屈サインかも!?これを見たら遊んであげよう【定番おもちゃも紹介】
飼い主さん
猫の退屈サインってなに?

こんな疑問に答えます。

【記事の内容】

  • 猫が退屈なときにする行動
  • 退屈すぎると病気の原因に?
  • 猫の退屈を紛らわす定番おもちゃ3選

猫の「退屈サイン」を知ってますか?

この記事では、猫が退屈なときに見せる行動について解説します。さらに記事の後半では、猫の退屈を紛らわす定番のおもちゃも紹介。

最後まで読んでいただくと、猫の行動から気持ちを推測できるようになりますよ。

猫が退屈なときに見せる行動4つ

猫が退屈なときに見せる行動4つ

猫が退屈なときにする行動はさまざまありますが、今回は代表的な4つを紹介。人間の言葉を話せない猫は、鳴き声・しぐさ・表情といった方法で気持ちを伝えようとします。

飼い主に近づいて鳴く

猫が飼い主のそばで「ミャーミャー」と鳴いていたら、それは何かを訴えている合図。

近づいてきて前足でちょいちょいするのは「かまってほしい」「なでてほしい」というアピールです。

まわりをキョロキョロ

虫が飛んでるわけでもないのに、猫がキョロキョロしているときがありますよね。あれは「何か面白いものはないだろうか」とまわりを観察しているときのしぐさ。

同じ場所をうろうろ

「何かして遊びたい!でも、何をすればいいかわかんない」こんな気持ちのときは、同じ場所をうろうろすることが多いです。

しっぽを大きく振る

犬は嬉しいときに尻尾を振りますが、猫が尻尾を大きく振るのは気分がよくないとき。退屈すぎてイライラすると、尻尾を大きく振って気持ちを表します。

退屈すぎると病気の原因に…。

猫が退屈を感じると、少なからずストレスを感じます。ストレスは免疫力の低下をはじめとして、さまざまな不調の原因になるので、定期的に発散させなければなりません。

猫のストレスを解消する一番の方法は、思いっきり遊んであげること。

単調な生活が続き「退屈でストレスたまってそうだな」と感じたら、15~20分くらいでいいので全力で遊んであげましょう

猫が退屈そうにしてたら遊んであげよう【定番のおもちゃ3選】

猫が退屈そうにしてたら遊んであげよう【定番のおもちゃ3選】

猫が退屈そうにしていたら、おもちゃで遊んであげるのが一番。

記事の前半で紹介した4つのしぐさを参考に、「なんか退屈そうだな」と感じたら、積極的におもちゃで遊んであげましょう。

猫じゃらし

猫といえば定番のおもちゃ。足元ですばやく動かしたり、猫の身体にポンポンと軽く当ててみたりしてみましょう。

本物の猫じゃらし(エノコロ草)と違って、綿毛が散らない・枯れない・衛生的。安心して使うことができます。

リボン

リボンで遊ぶのが好きな猫も多いです。遊ぶときのコツは、リボンを振る際に緩急をつけること。

リボンの部分は引っ張っても切れにくいフリース素材。スティックもしなやかで折れにくいため安全。

キャットタワー

猫じゃらしやリボンとは異なるジャンルですが、キャットタワーも猫の退屈を紛らわしてくれるおもちゃの一つ。

猫は高台から部屋全体が一望できて死角がなく、かつ下からはあまり見えない場所を好みます。

猫がお留守番することが多い場合は、部屋に一つ置いておくといいですよ。

「退屈サイン」を見かけたら、思いっきり遊んであげましょ!